SEARCH


CATEGORIES

RECENT COMMENTS

皆様へのお知らせ
POSTED BY sakamoto01.30

ルマン2カスタム&レストア完成
POSTED BY TOSHI03.30

アルフェッタ用チタンタコ足
POSTED BY Big sam02.02
POSTED BY こくお02.10
POSTED BY ritmo-nakajima02.11

R100RSカスタム
POSTED BY Fu02.01

アルファロメオ アルフェッタ1.8GT
POSTED BY h.kawa01.09
POSTED BY ritmo-nakajima01.13

MCFAJクラブマンロードレース第4戦
POSTED BY Ken@PASO750R11.29

最近の掲載誌
POSTED BY おおしま11.02

義援金のためのパーツ販売
POSTED BY ritmo-nakajima03.21
POSTED BY ritmo-nakajima03.21
POSTED BY 須田直輝04.06

R80G/S PD
POSTED BY 加藤 久晴10.01

ドリーム50
POSTED BY ミ・ツサダ11.19
POSTED BY ritmo-nakajima11.19
POSTED BY 後藤10.24

March 30, 2008 プライベート&staff

無事


おかげさまで、無事女の子が生まれました。名前は「らん」です。Run。そのうち店をちょろちょろすると思いますが、よろしくお願いいたします。

March 28, 2008 パーツ&コンプリート製作

新商品


オリジナルチタンリテーナー&バルブスプリングの発売を開始いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

March 27, 2008 プライベート&staff

ブラジル


ブラジルのテレビのニュース番組が、なぜか取材にいらっしゃいました。日本のバイク事情や、カフェ的な部分等、ニュースで流されるそうです。ちなみに、放映はもちろんブラジルなので、日本では見れません。


レポーターのカタリーナさん。カワイイ! タンデムで撮影しながらいろいろおしゃべりしましたが、ファンになりました~。また遊びにきてくださいね!

March 26, 2008 002-R75/5レーサー製作記 002-R75/5レーサー製作記

セッティング


R75/5レーサーのセッティングが完了しました。

本日は納車前のナラシ&セッティングの為2本走行。キャブセットも出て、足回り、ハンドリングも良好。トラブルもナシ。来週からはオーナーのK様がライディングします。
車両の詳しい内容はこちらです。


おNEWのツナギ、快適!です。

March 23, 2008 DB1のモディファイ

DB1


ビモータDB1にFCRを装着します。スペースが極端にキビシイDB1、キャブ交換も一筋縄ではいきません。まずはインマニ製作から。


右がノーマルのインマニ。これにFCRを付けようとすると、至る所にぶつかってしまい不可能。なのでインマニ製作です。フランジを7N01から削り出します。


Oリング溝。


同じく7N01丸棒から削り出したパイプを溶接します。角度決めが大変・・。キャブ口径からヘッドのポート径まではテーパーに削り出しています。


内側も溶接。


研磨。


良い位置にFCRのダウンドラフトが付きました。がんばったインマニは見えません。

修理


テリーさんのルマンレーサー、次回のレースの為、オーナー自ら転倒修理です。リアサスはOH中のため、仮が付いてますね。


マフラーステー修理中? カウルはFRP補修後、テリーさんがペイント。ツナギも新調するし、バッチリですね~。

March 21, 2008 002-R75/5レーサー製作記 002-R75/5レーサー製作記

シェイクダウン


雨が心配された筑波サーキットですが、完全ドライ、無事シェイクダウンしました。本日はシャフト組が多く楽しい走行でした。僕はK様のR75/5レーサーのシェイクダウン、ナラシ、キャブセッティング。マックスS様はK100RS改、/5のS氏、そして骨折後初走行、グッツィやまさん。


ゼッケンプレート等細部はまだ未完成ですが、無事シェイクダウン終了。詳細は後日アップします。キャブセットは、あとニードルをもう少し煮詰めればOK。手持ちの針がなかったので、次回もう1本走ってセットをつめます。


S氏の/5と、2ショット。エンジン位置の違いがよく分かります。S氏、ほぼノーマルの車体であの走りはすばらしいです。タンデムツーリングからサーキットまで、スラゴ1台で楽しみまくっているナイスガイです。


・・・、ってほめてたら、コケテマシタ。1週目1ヘアでスリップダウン。スピードも出ていなかったのでヘッドカバー損傷のみ。体と、自家塗装したばかりのヘッドライトケースは無事でした。ホッ。


こちら、花粉症に悩まされているやまさん&グッツィ。


体のリハビリが終わったので、次は心のリハビリ。


慣れないKに手こずるS様。あと数回の練習でどこまで行けるのか!?

March 18, 2008 メンテ&修理&小カスタム

R75/5


/5入荷しました。雰囲気いい車両です。詳しくはこちら!

March 17, 2008 001-レース活動 サーキット関係

好物


好物です。軽量化の為ダイエット中ですが・・・。

March 16, 2008 002-R75/5レーサー製作記

始動

キャブ仮セッティングにて、始動OK! シェイクダウンは21日です。

リセス


R75/5レーサー、エンジン始動に向けて、ハーネス製作、及び各部チェック。


75の排気量、ヘッドとハイカムの組み合わせのデータがないため、リセスを測定。イン側のリセスの追加工が必要でした。組んではリセスを掘って測定、を繰り返して完了。

ツナギ


おNEWです。レーシングスーツの老舗、後藤商店にてフルオーダー。現在最終手直し中。

March 12, 2008 001-レース活動 サーキット関係

K100


S様のK100RS改を、サーキット仕様にしました。とりあえず、ワイヤリング関係とアンダーカウル、ゼッケンくらいの変更。サーキットでのポテンシャルはなかなか厳しいものがあるかもしれませんが、好きなバイクでサーキットを走るのは、楽しいですよ! こちらの車両もMAX10レースのカテゴリー、シャフターズカップに出走予定です。

シャフターズカップは、このようなKシリーズや、2バルブBMW、ちょい古グッツィ等が楽しく走れるレースがない、というところから立ち上がった企画です。ちなみにリトモは主催者ではなく、問い合わせの窓口やレギュレーションのとりまとめ等を担当しています。主催はMAX10グループになります。今後台数が集まれば混走ナシのレースになるので、ふるって皆さんご参加ください!

March 10, 2008 011-車いじりの日記

ウォーターポンプ


今、忙しいんですが、足車が壊れました。こういう時にかぎって・・・。営業終了後に修理です。


壊れたのは、ウォーターポンプ。17万キロだから2回目? 水冷車の宿命です。部品だけなら1万円強です。なめてたら、けっこう大変でした・・・。ついでにベルト類も交換し、これであと10万キロはOK?


となりで、空冷の人も作業してました。ボンネットのつっかえ棒は、竹ぼうきです。

March 9, 2008 メンテ&修理&小カスタム

R90/6 にデロルト


A様のR90/6、各部の作業が終了しました。各部の整備、タンクの補修ペイント、デロルトキャブ取り付け&セッティング、オーリンズリアサスペンション取付け等。ナイスな/6に仕上がりました。


キャブはデロルトの新品を取付け。セッティングをしっかり出すと気難しいこともなく、気持ちのいい吹け上がりとなります。ルックスも2本サスにバッチリ似合います。

R90/6納車


I様のR90/6、本日納車です。Duc996からのお乗り換え。2バルブBMWが初のお客様には、小1時間程度の納車説明をさせていただいております。大変よい90に仕上がりましたので、大事に乗ってくださいね~!

March 8, 2008 002-R75/5レーサー製作記

マフラー


R75/5レーサー、マフラー製作です。当初オリジナルフルエキを使用する予定でしたが、エンジン位置変更により使用不可。というわけで、ワンオフで製作します。


このように作り進めます。


集合部製作


溶接


集合部完成


集合部は差し込み式に。


集合後を製作


スプリングフックも作って溶接。軽くバフがけしてエキパイ完成。


サイレンサーステーもアルミで製作。

March 7, 2008 002-R75/5レーサー製作記

エンジン


K様R75/5レーサー、エンジン組み立てです。まずはヘッド。ポート加工、バルブ新品、シートカット。ガイドはもちろん製作し打ち替え、純正よりもポート内への突き出しを短縮。面研による圧縮比アップも。バルブスプリングは先日のテストで大変良好だったオリジナルのダブルを、チタンリテーナーで組み付け。


シリンダー&ピストンはR75/5純正を使用。排気量アップはナシ。計測の結果、ホーニングのみでOK。ピストンは左右重量を測ると、なんと10gも差が! 片側のピストン裏に1円玉10枚くっつけて走ってたようなもんです。1g2gは体感しないですが10gになると体感します。ニカジルメッキシリンダー時代になるとかなり精度高いですが、この時代のものは、バラツキがあるようです。10gをピストン裏で削るのは厳しいので、ピストンピン両端内面を切削し左右重量差をゼロに。


純正のタコメーターワイヤー取り出し口は使わないので、削り出しのフタを取付け。そのままだとオイル吹きます。


キャブも取付けて、エンジン完成。


エンジン位置が上がってガソリンタンク底部がエンジンに当たるので、タンクマウント位置を変更してクリアランス確保。10mmアップなので、見た目にはほとんど分かりません。


フォークスプリングは、ワンオフのシングルレートに。上がヤマハ純正。下がスペシャル。

スタンド


前後足回りを変更し、車高が大幅に上がったR65G/S。センターもサイドもスタンド使用不可です。写真のようにかなり足りない。


他車種用のスタンドを、スプリング位置やストッパー位置を加工して、


スキッドパッドも取付けて、バッチリ。車高とのバランスもよく、上げ降ろしもラクです。

March 6, 2008 001-R80レーサー製作 001-R80レーサー製作 001-R80レーサー製作

サーキットテスト


当店のR80レーサーは、走行毎に改善作業を必ず行います。今回はフロントフォークのオイルをYaccoへ、そして油面変更。変更するデータは前回の走行時のストローク量やハンドリング、走行フィーリングから、変更値を決めていきます。前々回のスプリング変更によりハンドリングがとてものりやすく改善されているので、さらなる煮詰めです。


フォークを外すので、K様にご提供いただいた(ありがとうございます!)クイックリリースのハンドルに交換します。頻繁にセッティング変更を繰り返すレーサーですので、クイックリリースのハンドルは大変便利です。


今までのアルミ溶接ハンドルより、ハンドル約1本分前方へ移動するため、コーナリング中にたまに逆ハン方向に入力してしまう微妙なポジションの違和感が、大変改善されました。たったこれだけの違いですが、乗りやすくなるのです。合わせて、下半身の自由度を増やすため、ステップバーを15mm前へ、5mm下へ移動。


バルブスプリングは数種の試作品を交換しつつ実走テストを繰り返しています。今回は試作品のダブルスプリング仕様。これが最終版です。実走にて、4速8500回転まで問題なく常に追従します。突き始めはしなやかですが、サージングしにくい設定。又、社外品にありがちなヘタリに対しても、対策を施してあります。


テストに時間がかかりましたが、この仕様で決定ですね。チタンリテーナーとのセットにて販売予定です。


上記仕様にて筑波サーキットでテスト。だいぶ暖かくなり、ずいぶん乗りやすくなりました。シーズンインですね! 各部の煮詰めが進み、大変乗りやすく気持ちのいいバイクに仕上がってきました。


ホームストレート。裏ストレートで離されたDuc998に最終コーナーで詰め寄りロックオン、ホームストレートでなんとかくらいつき、1コーナーでインからパスしようとして、ダメだったシーン・・・。

March 5, 2008 パーツ&コンプリート製作

新色


キーホルダー、新色入荷しました。オレンジはもう残り数個です。今回のグレーも、いい色に仕上がりました。

March 2, 2008 003-R65GS製作記

レイダウン


意外と反響のある、R65G/Sですが、リアサスをレイダウンします。ホンダの長いオフ車用フォークに合わせ、リアの車高を上げるのと、レイダウン(リアサスペンションの取付け角度を寝かせる)効果を狙っての作業です。計算上、コニのバネレートの高いサスが良く動くようになります。


純正のサス取付け部を削り取り、計算して位置を出して、型紙製作。


型紙をもとに、新しいサス取付け部を作ります。純正は2mm厚鉄板のプレス物ですが、3mmで作りました。


ジグを作って、左右同じ位置に精度を出して溶接。写真で見ると簡単ですが、半日仕事。段取りは前の晩にベッドの中で考えます。


こうなりました。リアタイヤピボット位置で0Gで30mmアップ。


作業前。シートレールからタイヤまでの距離、そしてリアショックの角度の違いが分かりますか? これ以上はシャフトのユニバーサルジョイントの関係で不可。


着地させ、車体姿勢のチェック。バッチリ良い感じ。最低地上高は、オイルパン位置でノーマル比45mmアップ。


ちなみに、ノーマル。


あらかた足回りが完了したので、外装にも手を付けてみます。タンクはオーナー様お持ち込みのアルミタンク。GSらしく、赤青ラインをこんな感じで入れる予定。


フレームのトップチューブに付く電装部品は全て移動。ステーは全部切り落とします。そうしないとタンクが乗らない。


オーナー様手書きのイラストと見比べます。ウーム。イラストはバランスよくカッコいいのですが、現実は・・・。


こんな感じ。持ち寄られたパーツを単純に載っけると、最高にカッコワルイことになります。これを全部加工してカッコよく、バランスよく、乗りやすく仕上げるのが、腕の見せ所・・・。

R90Sレストア


K様ご依頼の、R90Sのレストア作業、フレームパウダーコートやバフ、ブラスト、スポーク張り替え等が終了し立ち上がりました。エンジンや電装、その他の作業がこれから山積みです。

R90/6納車整備


I様ご契約のR90/6、エンジンオーバーホールが終了し、納車整備の真っ最中です。エンデュララストオルタネータも取付け、電装強化します。もう少々お待ちください。

/5修理完了


I様のR75/5、転倒によるヘッドライト回りのダメージの修理、完了し美しく蘇りました。

March 1, 2008 003-R65GS製作記

R65G/Sリア足回り製作


続いてリアです。R65の2本サス純正はキャストホイールで、スイングアームが短いショートホイールベースです。


スイングアームとシャフトは40mm長いものへ。ロンスイ化。


スイングアーム交換ついでに、シャフトブーツ、ドライブシャフトボルト、スイングアームピボットベアリングのチェック&給脂などなど。


仮組み完了。ナイスです。リアの車高をもう少し上げ、バネレートの高いリアショックをよく動かすため、レイダウンします。

R65G/Sフロント足回り製作


S様の2本サスR65のGS化、まずはフロント足回りの製作です。


フロントフォークはホンダのオフ車用を流用。


ステムシャフトの設計、製作。


ハンドルストッパーの加工、製作。


ハンドルストッパーも完成し、新品ベアリングを組み付け、


車両に組み付けます。フロント回り完了。

GS


GSもたまに入荷しますが、HPにアップ前に決まってしまいます。こちらはW様ご成約のパリダカ。

RECENT ENTRIES

ARCHIVES