SEARCH


CATEGORIES

RECENT COMMENTS

皆様へのお知らせ
POSTED BY sakamoto01.30

ルマン2カスタム&レストア完成
POSTED BY TOSHI03.30

アルフェッタ用チタンタコ足
POSTED BY Big sam02.02
POSTED BY こくお02.10
POSTED BY ritmo-nakajima02.11

R100RSカスタム
POSTED BY Fu02.01

アルファロメオ アルフェッタ1.8GT
POSTED BY h.kawa01.09
POSTED BY ritmo-nakajima01.13

MCFAJクラブマンロードレース第4戦
POSTED BY Ken@PASO750R11.29

最近の掲載誌
POSTED BY おおしま11.02

義援金のためのパーツ販売
POSTED BY ritmo-nakajima03.21
POSTED BY ritmo-nakajima03.21
POSTED BY 須田直輝04.06

R80G/S PD
POSTED BY 加藤 久晴10.01

ドリーム50
POSTED BY ミ・ツサダ11.19
POSTED BY ritmo-nakajima11.19
POSTED BY 後藤10.24

June 29, 2006 パーツ&コンプリート製作

トーチ

リトモのTIG溶接機のトーチを新調。
今回はフレキシブルで小型のトーチ。
これでより使いやすく効率が上がります。

6-29-1

June 27, 2006 011-車いじりの日記

床終了〜。
室内は油性で塗るといつまでもシンナー臭くて頭が痛くなる、
との情報から、水性でペイント。
こんなきれいな床の車、初めて(笑)。
土足厳禁(嘘)

6-27-1

June 25, 2006 008-イベント関係

第12回リトモツーリング

本日は第12回リトモツーリングでした。
東京→軽井沢→浅間→万座→草津→倉渕→高崎→東京というコース。
ワインディング、堪能しました〜。

6-25-1

参加台数は25台。初参加の方4名様。
お疲れさまでした〜!
参加車両は、BMW18台、モトグッツィ2台、ドゥカティ1台、SR2台、TX1台、W1S1台という内訳。
ギンギンチーム、ハイペースチーム、ゆっくりチームとそれぞれのペースで高速、ワインディング、とたっぷり走り、最後の草津温泉でシメ。
車も少なく、雨も降らず、楽しかったです。また次回!

June 24, 2006 008-イベント関係

メンテナンス講習会

本日はメンテナンス講習会でした。
約10名様のご参加。気付けばこの講習会も6回目となりました。

6-24-1

実車を使ったキャブの同調方法や、トラブルの対処法等。

6-24-2

発電系等の電気の座学もあります。
構造を知れば、トラブルも怖くない!?
講習終了後、フルチューンボクサーの試乗会も開催。みなさんお疲れさまでした!
この講習会はご希望の人数が集まり次第開催となりますので、
受講ご希望の方はメールもしくはお電話にてお申し込みください。
日程が決まり次第、ご連絡差し上げます。

June 22, 2006 パーツ&コンプリート製作

新商品!

いよいよBMW用タンクの発売です。
ちゃんとした写真は後日アップしますが、とりいそぎご紹介させていただきます。
モノレバー及び/7シリーズ以降の2本サスモデルにボルトオン装着可能なFRPタンクです。
スタイルは、スラッシュシリーズのビッグタンク。モノレバーでスラッシュシリーズのフォルムを再現できます!
完全ボルトオンで、ノーマルシート、当店のオリジナルシートどちらにも対応します。

6-22-1

ご覧のように、モノレバーモデルにボルトオン装着可能です。
モノレバー及び後期の2本サスモデルはフレームのトップチューブ右側に電装系がびっしり取付けてあるため、スラッシュ用タンクや他車タンクの流用は現実的に難しかったのです。ですがこのタンクは、タンク裏はモノレバー用の形状、フォルムはスラッシュのビッグタンクという構成とすることで、モノレバーにボルトオン装着を可能としました。さらに、/7以降の2本サスモデルにも対応。タンク下にブレーキマスターがある車両でも取付け可能なようタンク裏形状を決定しています。(何度試作を繰り返したことか・・・)

6-22-2

強度の心配されるFRPタンクですが、まったく問題ありません。長年、数々のバイク用FRP製品を手掛ける職人さんがこだわりの素材、製作技法を駆使して製作しています。転倒時にダメージの多いハンドル付近やサイドにはカーボンケブラーも張り込み、強度を確保。万が一の転倒でハンドルが曲がりタンクに当たったとしても割れることはまずありません。そもそも、BMWの場合はシリンダーがあるため、転倒時にタンクにダメージはあまりありませんが、念のための強度です。

6-22-3

タンクキャップはスラッシュ系とほぼ同形状のものを採用。キー付きです。ちなみに、スラッシュのオリジナルキャップもフタの部分のみの交換で使用できます。

6-22-4

写真のものは試作品のためクリアゲル仕上げで、中のカーボンを見せていますが、実際の商品は黒ゲルコート仕上げとなります。
写真はオリジナルシングルシートを載せていますが、純正シートにもぴったりマッチします。
ガソリンコックは純正を使用します。

6-22-6

6-22-5

強度を重視したため、軽量化は本来の目的ではありませんが一応計測したところ、ノーマル比で約1.5kgの軽量化となります。車体上方での軽量化はけっこう効きますよね。ガソリン容量はモノレバー純正とほぼ同じだけ確保しました。
今までになかったモノレバー用ボルトオンタンクです!
スラッシュフォルムタンク
価格:85,000円
適応車種:モノレバーモデル全車種、/7以降の2本サスシリーズ全車種
備考:黒ゲルコート仕上げ、キー付きタンクキャップ付属(キー2本付属)、コックは純正をボルトオンで使用可
オプション:単色ソリッド塗装+子持ちライン(購入時にペイントの場合 35.000円)
純正ニーグリップラバー 片側4715円
純正エンブレム 1ケ1659円
※現在ご注文いただくと、約2週間後からのデリバリーとなります。
※在庫切れの場合は2週間ほどで入荷いたします。
ご注文お待ちしております!

June 21, 2006 メンテ&修理&小カスタム

クラッチOH

グッツィルマン1000のクラッチOHの続きです。

6-21-2

フリクションディスク、スチールプレート、
クラッチスプリングを新品交換。
スラッジもかなりの量が溜まっていました。

6-21-3

センター出し、フリクションディスクの位置出し等の特殊工具は自作です。
グッツィは複板なので、かならず特殊工具が必要。

6-21-4

エンジン&ミッションを合体させ、車体を載せて完了。
あとは補記類や足回りを組めば終了です。
この車両は、フロントフォークのOHもやります。

Bacic-R

本日は朝5時起床で筑波サーキットへ。
8月のレースは、当店の試乗車Basic-Rで出ようかと思っています。
今日はまずアンダーカウルを付けただけの状態で、現状確認を。
リアサスはWP、フロントフォークはオイル粘度を上げただけで、
他はショートリバースコーンマフラー、プロパーステップくらい。
エンジンや足回りはノーマルのままです。

6-21-1
あいにくのウエットコンディションでのテスト。
流すくらいのペースではまったく問題ありませんが、
タイムを出そうと攻め出すと、足回りが要セッティングです。
今回はお客様が再現できるカスタム内容でどこまで行けるか、
というコンセプト。
だから、フォークを変えたり、ホイールを変えたりという大掛かりなカスタムはしません。
新商品のフルエキ、FCRキャブ、4podキャリパー程度の追加作業で、
セッティグを出し攻めていきます。

June 20, 2006 パーツ&コンプリート製作

導入!

ついに導入〜! マフラー製作の精度と効率が飛躍的に上がる、メタルソーです。
使用頻度はあまり高くないですが、以前からずーっと欲しかったので、嬉しい〜!

6-20-1

なかなか場所を取りますが、
でもいいのです。
※関係各位、ありがとうごさいました!

June 19, 2006 プライベート&staff

氷見

富山県からRocket-Rご注文のK様から、氷見糸うどんをいただきました。
スタッフみんなで分けて、早速僕も本日いただくことに。

6-19-2

調理方法は、一番シンプルなぶっかけで。
茹でた氷見糸うどんに、かつおぶしと万能ネギ、卵黄を。
そこにニンニクをつけ込んだ醤油をぶっかけてグリグリ混ぜていただく。うまーーい!
K様、ありがとうございました!

本日定休日。午後から予定があったので、午前中にさくっと床補修の続きを。
先週補修で使ったPOR15はそのままでは上塗りできないので、
専用のプライマーを塗ります。

6-19-1

床一面、プライマーをペイント。
24時間乾燥後に仕上げのペイントを行ないます。
塗っていると、ダッシュボードやらシフトレバーやらドアやら窓やら、ぜーんぶ外して塗りたくなってきますが、そうやってハマっていって何年も乗れなくなってしまった人を何人も見て来ているので、我慢です。
ちなみにPOR15は1000ccで約8000円、プライマーは500ccで約3000円。塗料としては激高価。でもこれで錆びなければ・・・。
もう錆びないでね〜、っていうおまじない代みたいな気になってきます。

June 18, 2006 001-R80レーサー製作

ポート

現在製作中、R80レーサー。
夜な夜なヘッドをいじってます。

6-18-5

ヘッド

こちらはポート加工したルマン3のヘッド。
ブラストが完了です。あとはバルブガイド交換、シートカットです。

6-18-4

クラッチOH

ルマン1000のクラッチOHのご依頼です。
BMWと違って、グッツィのトンティフレームはかなり手間がかかります。

1-18-1

6-18-2

外装バラして配線関係やマフラー等もろもろ外して、
このようにエンジンを降ろします。
そうしないとクラッチにアクセスできません。

6-18-3

フリクションディスク、スチールプレート、
クラッチスプリングを交換します。

June 17, 2006 R60/5製作記

/5

シート固定部を製作したり、細々とした作業を。
この車両はフロントフォークを交換するので、
そのパーツ待ちです。

6-17-3

完成

ステップ完成しました。

6-17-1

シフト側。タッチも純正より格段に良くなり、
バッチリ。

6-17-2

ブレーキ側。

June 16, 2006 Moto Guzzi V50-3カスタム

ポジション改善

培倶人にて連載が展開されているグッツィV50。
ライダー冬木さんに合わせて、ポジションの改善です。
ハンドルが遠いので、これを少しでも改善します。

6-16-5

ハンドル切れ角を制限するストッパーを製作。
これでハンドルの角度を狭くし、
ハンドル位置を手前に持ってきます。

16-16-6

これでだいぶ楽になりました。
アクセルも重い、とのことで、
テフロン加工されたアウターを使い
アクセルワイヤーを製作。
かなーり軽くなったので、これでOKでしょう。
練習、がんばりましょうね〜!

June 15, 2006 011-車いじりの日記

休日

今日は休日です。
晴れならば、ストリート仕様に戻したR90/6で久々に峠に行こうかと思っていたのですが、
あいにくの雨・・・。で、車をいじることに。
アルファは錆びやすい車の代名詞。
僕のは、基本的な部分はかなりしっかりしているのですが、
フロアはご多分に漏れず、やっぱりサビが。
これ以上進行しないように、対策しておきます。

6-15-2

シートやセンターコンソール等を全てはずして、チェック。
運転席側は床を張り替えた形跡があり、ほぼOKですが、
助手席側はけっこう錆びてます。
ところどころ地面が見えてるところが。まあジュリアなら普通の光景のようです。

6-15-3

サビを落としてから、サビを完全にコートして再発防止するというPOR15で処理。
サビ穴はガラスクロスを併用して穴埋め。
完全硬化後に専用プライマーを使い上塗りする予定。本当はサビ部分を切り取り、溶接修理するのが理想ですが、現在のガレージはそれをできる環境にないのです。まあ、これで当面はOKでしょう。

6-15-1

床の作業は汚れるし疲れるし、なかなか大変。
でも、いやなことは先に終わらせたかったので肩の荷が下りました。
作業が終わって車やバイクを眺めながらの一服は最高の時間。リラックスタイム。でも気がつけば休日もツナギ着てるな・・・。いいのか俺。

6-15-4

ロフトは車やバイクのパーツ、機材関係でそろそろオーバーフローしそうです・・。

June 14, 2006 音楽活動

TBS

今日は朝8:30にTBS入り。

絢香さんのサポートです。
TBSの有線大賞という番組の収録で、
7月からのフジの月9の主題歌になる新曲を収録しました。
放映日は、よくわかりません・・。
収録後、夕方からリトモ入り。

6-14-3

楽屋でパシャリ。
今回は俺、サビで飛んでます。いい歳こいて。

June 13, 2006 R60/5製作記

シート

シートベースをSWBのスラッシュに合うように加工終了。
フレームは無加工で取付けできるようにしました。
リアフェンダーも取付け終了。
あとはフロント回りのパーツ待ちです。

6-13-1

June 11, 2006 ルマン3カスタム製作記

ルマンのヘッド加工

ボアアップキットがもうじき届くので、先にヘッド加工を。

6-11-5

インマニにルマン1000用を使い、それに合わせてポート加を。
キャブはFCRを取付けます。

6-11-6

ポート加工&研磨が終了したら、マスキング。
これからブラストです。

R60/5

広島からご依頼、A様のR60/5。
エンジンの内燃機加工が終わったので、早速エンジン組み立てです。
ボアアップして75に。
ロッカーはニードルベアリングタイプに変更されていましたが、
1ケ所ベアリングが破損していたため交換。
ヘッドはシートカット、ガイド交換、バルブ研磨等。
これでエンジンは絶好調。
ボイヤーのマイクロデジタルと、エンデュララストも組み込みました。

6-11-1

腰上フルオーバーホール

6-11-2

エンジン、電装完了!

6-11-3

そして、外装に着手。
モノレバー用オリジナルシングルシートを取付けます。
モノレバーとスラッシュはシートレールやタンク形状が違うので、無加工では付きません。

6-11-4

シートベースをカットし、当たる部分を削除。
そしてFRPを貼り込んで整形。

June 9, 2006 ナカジマシロウのR90/6

ストリート仕様

レースも終わったので、R90/6をストリート仕様に戻します。
こいつは普段は俺の足バイク&実験バイク。
しかも明日はシャフターズミーティングだしね。
天気も大丈夫そうなので楽しみ〜。
場所:

六本木ヒルズ内スターバックス TSUTAYA TOKYO ROPPONGI店
時間:22時くらい〜
※特にイベントはありません。集まってあーだこーだしゃべりましょ〜。
一応、ヨーロッパ製シャフト車の集まり。今後欲しいって方も歓迎です〜。

6-9-12

スタック

BSAにスタックのタコメーターを取付け。
スタックはボディアースがマイナスなので、
プラスアースの英車に取付ける場合はフローティングマウントしないと、
タコが動きません。
アルミを削り出してフローティングのブラケットを製作。

6-9-10

6-9-11

原稿

締め切りは重なるものです。
昨日と今日で、クラブマンのR80レーサー製作記と、
カフェ&レストランの連載の原稿2本を書き上げました。ふ〜。
さー、バイクやるぞ〜。

6-9-3

ロケ

今日は朝からロケでした。
マックスフリッツの広告撮影で、V50を使うことに。
場所は筑波サーキット。
Bパドックを借り切って、ピットをメイク室代わりにして撮影は行なわれました。(もち許可取得済み)

6-9-4
カメラマンはテリー。
雨の中ストロボを炊いてバリバリ撮影しました。
モデルの女性はロシアの方で、かわいかった〜。
掲載は9月ごろで秋冬広告だそうです。

6-9-1

6-9-2

6-9-5

MAX佐藤社長は、撮影の合間に1本走行。
大雨なのに気合い入ってますね〜。

6-9-6

ノートンアトラスの江本さんもご一緒に練習走行。
一緒に来られていたプラスA荒木さんにもご挨拶させていただきました。
またよろしくお願いします。

June 8, 2006 001-レース活動 サーキット関係

MAX10レース結果!

6/4のMAX10レース。終了後バタバタしていてアップが遅くなってしまいました。
さて、今回のレース、心配された雨もなく、暑くなく寒くなく絶好のレース日和となりました。
場所取りのため朝4時リトモ集合で筑波サーキットへ。

max-1

今回リトモテントからは、中嶋/R90/6、テリー/ノートンコマンド、ライター香西さん/ラベルダSFCで出走。

max-2

今回のレースで主催者側から「汚いバイクで走ると困る」と言われてしまいました・・・(涙)。
汚い・・・?。確かにタンクの塗装は剥げてるけど、あとはバッチリやってあるし、プロのバイク屋として安全にレースできるようきっちり整備してあるのですが・・・。
「汚いと部品とか取れたりオイル漏れたりしそうだから」「トップブリッジも錆びてるんでしょ」みたいなことも。それはバイク屋に対してちょっと失礼かなと。トップブリッジも錆びてないし、オイル漏れも一切ないし、足回りとかブレーキなんか全部新品だし・・・。真面目にレースを楽しみたいだけなんだけどな〜。どうすればいいのかしら。
タンクなんか塗るの簡単だけど、あれは俺が20代前半にアメリカで買って来たままの状態のタンクで、一応思い入れがあるんだよね・・。

max-3

max-4

予選は混んでいてクリアラップがとれず10番手、3列目グリッドとなりました。隣には同じR90/6に乗るベテラン、Kさん。スタートはフラッグとシグナルを間違えていて、俺はフラッグをガン見。「フラッグ振られないな」と思っていたら、実はシグナルスタートだったらしく、回りがスタートして慌てて俺もスタート(涙)。必死で追い上げ前方のKさんを発見! レース後半には1ヘアピンでKさんをパス! さらに前方のビモータDB1さんを1コーナー突っ込みでパス! しかーし! 最終ラップの最終コーナーで周回遅れに行く手を塞がれてしまったところをアウトから抜き返されてしまいました。うーむ。やはりベテランは違いますね〜。勉強になりました。でも同じR90/6でのバトルは楽しかったです。またよろしくお願いします!

max-5

テリーは予選のミッショントラブル等を直し、決勝では好タイム! 結果、MAX15クラス3位となりました。すばらし〜! 尚、車両はきちんと整備しましょう

max-6

ラベルダ香西さんは、クラッチが滑ってしまい1分17秒台。完調でないのに、やはりさすがです。次は完調にしてバトルですね!

max-7

MAX10はベストタイム1分10秒を切ってしまったライダーは賞天外となるので、僕はなんとMAX10クラス6位入賞となりました。次は表彰台に乗ってみたい! 次回は8月です。皆さん応援よろしくお願いします!
尚、今回のレースのリザルトは

こちらです。

June 1, 2006

募集中!

現在リトモ・セレーノではメカニックを募集しています。
募集要項は

こちら
我こそは! という方はぜひ!

筑波

朝4時半起きで筑波へ。
6/4に筑波サーキットで開催される

MAX10レース

の為の最終チェックです。

6-1-1
R69Sの佐藤さんは、今回のレースには参戦しませんが、
毎週のように練習されており、着実にタイムを縮めています。
8月のレースには参戦される予定。楽しみですね!
俺は、ベストタイムのちょっと下を安定して走れるようにトレーニング。
途中、K林さんが見に来てくれ、いろいろアドバイスをいだたく。
しかし、ベスト更新ならず。これ以上はさらなるマシンセットアップを進める必要あり。

6-1-2

テリーは、度重なるトラブルにより、
なかなか練習が進まず。
一応、最後の1本はなんとか走れました。
本番は大丈夫だよね〜!
今回のMAX10レースは、英車も多数出走予定だし、
僕のを含めR90/6が2台出走。
かなり面白そうなので、皆さん6/4はぜひ

筑波サーキットへ!
そして、ぜひ応援よろしくお願いします〜。
ちなみに、「毎週筑波行ってるけど、仕事大丈夫?」と各方面からけっこう言われます(笑)。
一応、走行は午前なんで、午後には店に戻って仕事してるので大丈夫ですよ〜。

RECENT ENTRIES

ARCHIVES