SEARCH


CATEGORIES

RECENT COMMENTS

皆様へのお知らせ
POSTED BY sakamoto01.30

ルマン2カスタム&レストア完成
POSTED BY TOSHI03.30

アルフェッタ用チタンタコ足
POSTED BY Big sam02.02
POSTED BY こくお02.10
POSTED BY ritmo-nakajima02.11

R100RSカスタム
POSTED BY Fu02.01

アルファロメオ アルフェッタ1.8GT
POSTED BY h.kawa01.09
POSTED BY ritmo-nakajima01.13

MCFAJクラブマンロードレース第4戦
POSTED BY Ken@PASO750R11.29

最近の掲載誌
POSTED BY おおしま11.02

義援金のためのパーツ販売
POSTED BY ritmo-nakajima03.21
POSTED BY ritmo-nakajima03.21
POSTED BY 須田直輝04.06

R80G/S PD
POSTED BY 加藤 久晴10.01

ドリーム50
POSTED BY ミ・ツサダ11.19
POSTED BY ritmo-nakajima11.19
POSTED BY 後藤10.24

| Main |

May 4, 2007 今日のやまさん

やまさん号


底部に穴のあいている、やまさん号のタンク。サビで穴のあいた部分を切開し、そこに新しい鉄板を溶接する作業が、閉店後毎日深夜まで行なわれています。切り出した鉄板を板金し溶接するのですが、まずこちら側は俺がお手本として溶接。


こちらがお手本。0.8mmという薄い鉄板の突き合わせ溶接は、大変難易度が高いです。未経験者がトライすると、どんどん溶けてしまって、多分タンクがなくなります。さらに、少しでもスが入るとそこからガソリンが漏れます。母材に穴を開けずに、数ミリずつ確実に溶接していく、集中力と根気の作業です。溶接するピースの精度、下準備、溶接器のセッティング、タングステンの研ぎ、タングステンの角度や距離、スピード、溶棒の入れ方等、すべてがうまくいかなければ100点の溶接になりません。俺もまだまだですから、お手本といっても納得いかない部分がたくさんあります。写真の出来で自己採点60点くらいでしょうか?


こちらがやまさん作。大量の溶棒を使いなんとか穴が埋まりました。15点。皆さんにお見せできるようになるのは1年くらいみっちり修行が必要です(笑)。(ちなみにやまさんは溶接が修行中なだけで、優秀なメカニックです。念のため・・・)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ritmo-sereno.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1994

RECENT ENTRIES

ARCHIVES